みるみるアニメ

最新アニメまとめてみるみる!

コラム

映画『HUMAN LOST 人間失格』が、あまりにも「日本SFアニメ界が考えた最強の映画」すぎる

公開日:2019/12/02 最終更新日:2019/12/02


出典:©2019 HUMAN LOST Project

太宰治、不朽の名作『人間失格』。令和元年にまさかのSFアニメーションとしての再構築が実現した。その名も『HUMAN LOST 人間失格』。

登場人物の名前や設定は日本文学の『人間失格』を一部踏襲しているものの、あくまで再構築。設定や思想を引き継ぎながらも、「もし未来がこんな世界になったら」というSF世界の中でそれらがどうなるかを描き直している。

薄汚れた暗い世界に浮かび上がるビル群はサイバーパンクを感じさせ、観る人々の胸を高鳴らせる。そしてその世界で暮らす人々を演じるのは、宮野真守や花澤香菜をはじめとする豪華声優陣たち。はたしてどんな“『人間失格』の再構築”になっているのだろうか。

本広克行に冲方丁……あれ?『PSYCHO-PASS』?


出典:©2019 HUMAN LOST Project

スタッフ陣の名前を見て、「あれ?」と思った方は少なからずいるかもしれない。本作のスーパーバイザーは本広克行、そしてストーリー原案・脚本が冲方丁。『PSYCHO-PASS サイコパス』の総監督は本広克行、『PSYCHO-PASS サイコパス2』『PSYCHO-PASS サイコパス3』(以下、総称でサイコパス)のシリーズ構成(3は脚本も)は冲方丁。

つまり、全体的にだいぶサイコパスを彷彿とさせる要素が強い(『攻殻機動隊』っぽさもあるし、実際のところ木崎文智監督がインタビューの中で「『AKIRA』『攻殻機動隊』などの名作SFに続くもものを目指した」と言及している)。

サイコパスでは「人々の精神が数値化され、管理される」のが、本作では「人々にナノマシンが埋め込まれ、生命が管理される」となっていて、その社会体制を管理する団体も警察ではないが存在する。そしてその団体が反体制勢力と戦う。

人々の退廃的な空気も、街の雰囲気も、世界観も設定も、かなりサイコパスを彷彿とさせるものがある。そのうえでちゃんと『人間失格』がSFアニメとして再構築されている。

つまり、『PSYCHO-PASS サイコパス』『攻殻機動隊』のスタッフ陣が集い、その要素を取り入れながら作られた、「日本SFアニメ界が考えた最強の映画」とも呼べそうなくらいの作品なのだ。

太宰治『人間失格』を踏襲している要素


出典:©2019 HUMAN LOST Project

ストーリー自体をそのまま踏襲しているわけではないが、主人公・大庭葉藏の思想や登場人物の名前やキャラクターは踏襲されているところが多い。

主人公の名前はもちろん、美子(ヨシ子)や堀木正雄、竹一など。美子は小説と同様に純真無垢な疑うことを知らない心の持ち主だし、竹一は葉蔵の自画像を評価し、堀木は葉蔵に多大な影響を与えている。無病長寿の社会を守る国家機関“S.H.E.L.L.”に反発する竹一と、彼に対して助言する堀木。そして“S.H.E.L.L.”の一員である美子、そこに巻き込まれる葉藏…。

葉藏が暮らすのはバア「メロス」の二階だし、女店主はマダム。そこにはホステスとして恒子(ツネ子)もいる。

「原作をアレンジ」ではなく「再構築」なので、共通点はありつつも、完全に新しいSFアニメーションだ。読み継がれてきた日本文学としてではなく、現代社会の問題や課題をテーマとして盛り込んだSFアニメーションだからこそ考えさせられる点も多いだろう。

作品を彩る豪華声優陣、主題歌はm-flo


出典:©2019 HUMAN LOST Project

主人公の大庭葉藏を演じるのは、宮野真守。アニメ『亜人』でも、死なない新生物である亜人の永井圭を演じていた宮野が、またもや死なないことに葛藤する主人公を演じている(少し余談だが実写映画『亜人』の監督は本広克行)。葉藏が絶望しながらも前に進む姿は、永井圭のそれを彷彿とさせるところもある。

ちなみに堀木を演じる櫻井孝宏も、竹一を演じる福山潤も、アニメ『亜人』に登場する。しかも竹一の後先考えず突っ走るところは中野攻に似ているし、堀木はそもそも見た目もキャラもだいぶ戸崎優に似ている。

美子を演じる花澤香菜は、『PSYCHO-PASS サイコパス』のヒロインとして馴染み深い人も多いかもしれない。本作でも同様に正義感が強い国家組織の人間だ。

本作の劇場公開を前にすでに配信されている主題歌「HUMAN LOST feat. J.Balvin」は、m-floが手がけ、エンドロールで流れる。劇場に足を運ぶ前に聴いて、そしてぜひ歌詞に目を通しておいてほしい。見終わったあとにその感想が変わるはずだ。

“無病長寿”は人類の幸福、なのか?

本作中での日本社会は、“死”を克服している体内に埋め込まれたナノマシンが管理され、病気になっても、ケガをしても、異常がネットワークの中で検知され再生する。

それによって幸福な世界が訪れたか。人々は幸せになったのか。そこがこの話の肝だ。

「死なないから、無理しても大丈夫」と起きているほとんどの時間を労働に費やし、GDPは世界一を記録。しかし急激に大気は汚染され(それでも病気にならないから)、貧富の差も広がり、人々は心を病み、言ってしまえば“生ける屍”状態になった。

「病気にならず、ケガもせず、長く生きられるなら、自由な時間が増えてハッピーに過ごせるようになったね!」なんて未来は、見たところまったく訪れていない。

それでも国家は信じて、必死に作り上げた社会を守り続ける。「みんな!無病長寿の世界が訪れて幸せだね!」と言わんばかりに長寿の老人たちを祝い、人々に幸せの刷り込みをする。だって、幸せになったはずじゃないか。病気にならない、ケガはすぐ治る、何より、死の恐怖に怯えなくて済むのだから。

観賞後、あなたは誰の死生観に共感するか

葉藏、竹一、美子、堀木……本作に登場する人物たちは、それぞれの正義と死生観を強く持っている。

たとえば竹一は「人間が人間であるには“死”が必要なんだよ」とはっきり口にする。葉藏は生きることに意味を見出せない人間だったが、未来を巡る闘争に巻き込まれる中で異なる思想へと変化していく。

はたしてこの映画を観賞したあとに、あなたはどんな死生観をもつだろうか。誰に共感するか、それとも誰にも共感しないか。決してこれはただのSF作品ではない。人が死を恐れ健康長寿を願い続ける以上、もしかするとこれから訪れるかもしれない未来の話だ。

そのうえで、あなたの死生観はどう変化するのか。もちろんSFアニメ映画として純粋に楽しむことができる贅沢な作品だが、原案である『人間失格』のエッセンスを感じ取り、死生観をあらためて考え、未来に備えてほしいと思う。

動画:TOHO animation チャンネル
この記事をシェアする
LINE
Facebook
Twitter

関連ワード

あなたにオススメの記事

  1. ジョジョの奇妙なモブキャラ

    ジョジョの奇妙なモブキャラ

    2019/03/28

    続きを見る

  2. あなたも絶対キャンプに行きたくなる! ゆるキャン△

    あなたも絶対キャンプに行きたくなる! ゆるキャン△

    2019/04/03

    続きを見る

  3. 『Dr.STONE』石器時代まで戻ってしまった世界で、あなたならどう生きる?

    『Dr.STONE』石器時代まで戻ってしまった世界で、あなたならどう生きる?

    2019/08/27

    続きを見る

カテゴリ一覧