みるみるアニメ

最新アニメまとめてみるみる!

コラム

楽屋が舞台?落語アニメ「じょしらく」の魅力とは

公開日:2019/10/21 最終更新日:2019/10/29

「このアニメは 女の子のかわいさを お楽しみいただくため 邪魔にならない程度の
差し障りのない会話を お楽しみいただく 番組です」

上記はアニメ「じょしらく」本編の冒頭に登場する前口上である。

落語のアニメといえば、古くは「落語天女おゆい」最近では「昭和元禄落語心中」が思い起こされるところで、考えてみると落語を題材にした作品はそんなにないかもなぁと多くの人は思うだろう。いや、思う。

だがしかし、筆者は中でもこの作品をおススメしたい。―それは「じょしらく」。

「じょしらく」は「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」など、エスプリの効いたギャグやウィットに富んだギャ・・・(あ、同じ意味か)・・・でおなじみの久米田康治氏原作、「まんがーる」などの原案やゲームイラストなどで知られるヤス氏が描く、女子落語家たちの寄席楽屋の日常をユーモラスに表現した漫画である。

アニメ版においては、2012年7月~9月にMBS(毎日放送)系列にて放送され、放送終了後から既に7年が経過しようとしている。


出典:じょしらく 第一話 公式動画 By ビデオマーケット

落語漫画・アニメというには落語シーンも少なく、少女落語家たちの日常感溢れる会話劇がメインである本作。そんな「じょしらく」の魅力を今回は3つの視点でお伝えしたいと思う。

オチは必ず「おあとがよろしいようで」

冒頭では至極真当に「じょしらく」のさわりを書いてみたものの、これじゃあ真打を目指す女子落語家たちの日常を描いた“さわやか”な物語のような印象を受けるかもしれない。

間違ってはない、間違ってはいないがそれは違う。作中においては落語なんかぜんぜーんやらないし、時季ネタ、風刺、パロディ、メタ要素などなど如何にも「久米田ワールド」がつまった作品なのだ。ある回ではただひたすらに「武蔵境駅」周辺を紹介してみたり(アニメーション制作のJ.C.STAFFが武蔵境にある)、「邪魔にならない程度の 差し障りのない会話を お楽しみいただく 番組です」と言っているにもかかわらず、無駄にアニメーションを動かしてみたり、やたらと築地市場について語ってみたり、書いておいてあれだが、よくわからんアニメなのだ。

動画:じょしらく 第一話 公式動画 By ビデオマーケット

それでも一応落語が舞台の本作品。おあとがよろしいようで、で何とか締める。この「題材とは関係なく進むような作品」が筆者の好みなのだ。

聖地は武蔵境?散りばめられたトリビアで知識欲を満たす

「武蔵境駅付近」だったり「築地市場」だったり、毎回の話の舞台は基本的にピンポイント。その中にいい具合にトリビアを入れてくるもんだから、ちょっと知的な気分になる。ほら、落語って知的な感じでしょ?

そして筆者はまんまと影響を受け、武蔵境にずいぶんと明るくなった。作品のおかげで「独歩通り」を知り、国木田独歩のことちょっとだけ詳しくなったり、ひそかに油そばをマイブームにしてみたり(武蔵境のとあるお店が油そば発祥の地という一説がある)、「すきっぷ通り」を思い出してとりあえずココロだけでもスキップさせてみたりと、武蔵境のことはすべて「じょしらく」で教わったと言って過言ではないのだ。

「SHIROBAKO」の舞台として一部では有名なすきっぷ通りだが、筆者にとってのすきっぷ通りはじょしらくなのだ(?)。


ある意味聖地、武蔵境駅 – Wikipediaより

「じょしらく」から入る落語の世界


出典:じょしらく公式サイト

いまだに「じょしらく」の魅力が伝わっているかどうか不安だが、続けよう。毎週3話程度のストーリーが用意されているが、そのサブタイトルが落語にちなんでいて面白い。もしかしたらこの部分が一番落語っぽいのかもしれない。

例えば以下のサブタイトルは有名な古典落語の演目にちなんだものだ。

  • 第7話(第七席)ヤンキー怖い ← まんじゅうこわい
  • 第6話(第六席)武蔵八景 ← 近江八景
  • 第5話(第五席)眼鏡別れ ← 子別れ

などなどじょしらくを見れば元ネタの落語も是非聞きたくなる!…はず。

落語に関するトリビアも満載とはいかないが、それなりに用意されているので、気になったら新宿三丁目にある「末廣亭」に行くか、とりあえず「笑点」でも見てみよう!

まとめ

いろいろ書いたけど、結局のところじょしらくってどういうものなのかまとめると、

このアニメは 女の子のかわいさを
お楽しみいただくため 邪魔にならない程度の

差し障りのない会話を お楽しみいただく
番組です

おあとがよろしいようで。

じょしらく
この記事をシェアする
LINE
Facebook
Twitter

sugak

この記事を書いた人

sugak

毎日キーボードをたたくエンジニア。クールごとにほとんどのアニメを録画はしておくものの、見るのは結局好きな「日常系」や「シュール系」のアニメばかり。でも思い立ったときに昔のアニメを見直してみることもよくあることで。最近は「ゆるキャン△」が好き。 アニメのためならAV機器もキチンとそろえたくなる、30代男。ある意味家電芸(?)人。

関連ワード

関連商品

次へ

前へ

あなたにオススメの記事

  1. NETFLIX独占配信の新アニメ!!また面白いのが出てキターーー!!「ケンガンアシュラ」

    NETFLIX独占配信の新アニメ!!また面白いのが出てキターーー!!「ケンガンアシュラ」

    2019/09/13

    続きを見る

  2. NETFLIXアニメ「URTRAMAN」が、やたらカッコいいことに!

    NETFLIXアニメ「URTRAMAN」が、やたらカッコいいことに!

    2019/05/23

    続きを見る

  3. ナカノヒトゲノム【実況中】第2話感想 「BORN THIS WAY」パンダ!アフロ!!女子高生!!!

    ナカノヒトゲノム【実況中】第2話感想 「BORN THIS WAY」パンダ!アフロ!!女子高生!!!

    2019/08/08

    続きを見る

カテゴリ一覧